中世ローテンブルグにおける
ユダヤ人の足跡

ユダヤ人舞踏館
白い塔とユダヤ人舞踏館、テオドル・アルト作の水彩画1900年頃の作品
出典、ローテンブルグ帝国直属都市博物館
破壊されたユダヤ人舞踏館と白い塔方面の写真 1950年頃撮影
出典、ローテンブルグ歴史の会、ローテンブルグ1945 破壊と終戦より ローテンブルグ歴史の会編纂 16項
1950年に再建され今日ユダヤ人舞踏館と呼ばれている家屋のあった場所にはユダヤ共同体の集会場所として使われていた中世ユダヤ人宿泊所がありました。建物脇にあるユダヤ人法学者ラビ・マイヤー・ベン・バウフの名前を冠した中庭には1940年前後にナチス政治によってローテンブルグから追放もしくは殺害されたユダヤ人犠牲者の追悼碑が建てられています。また内側の壁には1970年頃にいくつかのユダヤ人墓石が埋め込まれました。そのような事実からユダヤ人舞踏館はまるでユダヤ人墓地であるかのような印象を受けますが、それは事実ではありません。墓石はかつてユダヤ人墓地であった今日のシュランネン広場にあったものです。それらは西暦1900年頃掘り起こされ保管されました。中庭に運ばれた墓石はローテンブルグ市民や観光客にかつてこの町にユダヤ人共同体が存在していた事を示すシンボルのようなものです。ヘブライ語で綴られた墓石上の意味やその他の保存されている墓石はローテンブルグ帝国直属年博物館において見学する事が可能です。