中世ローテンブルグにおける
ユダヤ人の足跡

帝国直属都市博物館
旧ドミニコ修道会修道院にある帝国直属都市博物館内のユダヤ文化コーナー
ローテンブルグ帝国直属都市博物館にはハイデルベルグ大学ユダヤ文化学科の協力を得て開設されたユダヤの歴史文化コーナーがあります。そこには貴重な文化財の損失とユダヤ共同体の歴史の風化を危惧するローテンブルグの史家らが1900年頃回収した墓石群が展示されています。最も古いのは西暦1200年以前のもので墓石群はユダヤ人墓地の形態を真似て配置されています。墓石上の文字からは当時のローテンブルグに住んでいたユダヤ人名だけでなくビュルツブルグなど他の町の共同体に住んでいた彼らの親類名も知る事ができます。しかし残念ながらユダヤ人小路での工事作業中に発見された15世紀のものであるユダヤ人共同体の印章や釜内をかき回す出し入れ棒以外には今の所ローテンブルグでのユダヤ人共同体及び生活の手がかりとなる出土品は残っていません。